目線はアメリカ?

メーガン・マークルは、アーチー君を生んだ時、情報操作をしましたね。
もう生まれているのに、今分娩室に入った、と。
とっくに病院は後にしてた。それは、パパラッチなどから隠れて病院をさりたかったから、って言われています。
でも中には「目線がアメリカ!」って人も多くて、それは、時差の関係ですって。
どう言うことかと言うと、アメリカのメディアに向けての作戦なんだとか。
本当かどうかはわからないですよ、噂です。
でも全くありえない話でもなさそう。
その時は考えていなくても、メーガンなら「いいタイミングだったわー」ってなってるかも。
人の喜ばしい結婚式の時に妊娠を報告しちゃうくらいですからねー。
あまり人のことは考えてない人みたいです、意地悪ではなく、本当にそうみたい。
目線はアメリカ。。。
あの頃からアメリカに戻る準備をしてたとも思ってないけど、アメリカとイギリスで超有名人になって、
これで私の人生安泰だわーー、てのは確かだね。
お金には困らないけど、あんなに一生啓明でいいんだろうか。。
人の幸せってそこかな?

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、まひろが2021年2月 1日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「指をボキボキ!」です。

次のブログ記事は「雨なんだし。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。