イギリスの朝食

イギリスといってもイングランドですが、イングランドでは
トマトの焼いたもの、ビーンズたっぷり、ベーコン、マッシュルーム、
タマゴお好みで、、、っていうものがイングリッシュ・フル・ブレックファーストになります。

スコットランドになると「スコットランド・フル・ブレックファースト」となります。

同じようなものですが、スコットランドはハギスというものがつくのかな。
独特なもので、
「イギリスで美味しいものを食べたかったら朝食を3回食べろ」
って言われているように、
他の食事は美味しくないのです。

朝食だって、、、どうなの、、、って感じ。
野菜食べたいよね、日本人は。

さてそのイギリスの朝食を、皆が食べているかって、、、そんなわけないのだ。
普通の家ではシリアルだけ、とか、トーストにマーマレード、が一般的。
朝からベーコン焼いたり、、は週末だけ、とか、
どこあへお出かけした時にホテルで、、、とか、そんなもんです。

だったら朝食からしてたいしたことな??
、、はい、その通り!
そんなもんですよ、ガイコクの食事なんて。

レストランでない限り、ヨーロッパの一般の家の食事なんて、、、はぁ、、、。

このブログ記事について

このページは、まひろが2019年6月 1日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーストラリアへ!」です。

次のブログ記事は「キャラバン・カー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。