ベジタリアン

ベジタリアンのホトがいると気を遣う?
その人によると思うのです。

ベジタリアンが食事に現れたら、その家族はまず何が食べられるのか聞いてそれを用意したらいいのですが、
「まったくベジタリアンを分かってないわ!lこんなもの出して!」
なんていう人は、、

速攻帰ってもらいましょう!!

あるものをいただく、という心構えが出来ていたら文句なんていえませんよね。
ベジタリアンが面倒臭いのは本人が一番分かっているし、それをお呼ばれした家で言うなんてけしからん。

なのでベジタリアンは、誰かの食事に招かれたり、誰かと食事行く時は、
そのベジ加減を少しゆるめるか、出来ないなら相手に理解してもらうまで一緒にいかないとか、
はたまた自分は何も食べないけどあなたは自由にね、とか(!!)
相手に配慮することを忘れてはいけないのだ。

ベジを緩めるって人もいますよ、だってそのお店にベジ料理がなかったらどうしても何か口に入るわけですからね。
病気や宗教上の理由ではしかたないですけど、心情だとしたらそこは考えないとです。

でも、まわりもベジタリアンに対しての理解は必要です。
あまりバカにしてると、、、バチが当たるかなって。。。思うのです。

このブログ記事について

このページは、まひろが2019年2月 1日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1時間半」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。