更年期とは

年齢を重ねていくと、どうしても出てくる更年期。
女性に多いですね。
更年期は誰にもおこるものでもなくて、軽い人、なにもない人、非常に重い人、いろいろです。

知り合いが、重い人、で、大変苦労してまして。
可哀想といっては失礼でしょうけど、どうすることも出来なくて私はもどかしい思いをしました。

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、
卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少することですよね、

エストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、
卵巣からエストロゲンを分泌するように促していく。

だけど更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないために
エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。

そして、ホルモンバランスの乱れによって「体のほてり(ホットフラッシュ)」
「大量の汗(スウェッティング)」などの症状が現れます。
これが更年期の症状。

苦しい人は苦しいですよーー、本当に。
鬱になるくらいみたいです。
でももし、「そうかな?」って思ったら、つまり症状があったら、医者に行くのも手ですね。

このブログ記事について

このページは、まひろが2017年9月 1日 04:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「田舎に移住?」です。

次のブログ記事は「ぽろぽろと。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。