2014年5月アーカイブ

嫌味な先輩上司の看護師さんについて

私は看護師として小規模多機能ホームで働いています。
他で働いていたことはありませんが働きやすい職場だと思っています。

ですが、やはり気の合わない人ってどこにでもいるもの...
私にも気が合わない人がいるの!

先輩上司の看護師さんなのですが、とっても嫌味なのです!
私が仕事をしていて、ちょっとフォローをしてくれたくらいで「何か言うことある?」て言ってくるし...
(もちろうお礼は言うつもりでしたけど!)

業務外の連絡事項を伝えたら...
「それは事務に言ってくれない?早く行かないともうすぐ事務の人帰っちゃうよ。でもこっちの仕事も詰まってるから早くしてよ。」
と感じ悪く言われました。
すっごくムカつきましたよ。
その後3日間はずっとムカついたままでしたわ(笑)

あの先輩上司の看護師さんは嫌味な言い方しか出来ないんでしょうか。
他の同僚の方もその先輩上司の人に対して良くない印象を持っている人が少なからずいます。
その中でも私への風当たりは特に強い気がするんですよね。
一番下っぱの看護師だから仕方ないんでしょうか...

でも同僚の看護師さんに聞いたら他のとこはもっとひどい上下関係があるそうです。
まだマシな方なのかな?
嫌味な先輩上司の看護師さんに耐えながら私は今日も頑張っています!
一時期悩んで転職しようと、休日は一日中看護師転職サイトを眺めてた時期もありました。
様々な方のアドバイスをもらい、立ち直ることが出来ました。
考え方を変えれば、先輩看護師は何か意図をもって私にキツク当たるのではないか・・・とも捉えることはできます。
考え方は変えるだけで人生の見方は変わります。
ポジティブに生きたいですね。

保健師による食事指導

保健師による糖尿病患者の食事指導という講演会に行ってきました。福岡の保健師さんみたいでした。
なるほどーと思う反面、それが出来ないから困ってるのよ~とツッコミを入れたくなる所もありでした。
しかし、保健師さんだけあって細かい所まで食事指導を考えてくれてるし、食事の内容も凄く豊富で食べる人もこれならいつもと同じって感覚が少しでも減るなぁーと思えるメニューでした。
が、これを毎日作るとなると...誰がするの?って事ですよね。
大体は奥様がするでしょうが、経済的にも難しいかなぁーと思わされる部分もありました。
でも、保健師さんは栄養士のようにここまで考えてくれるんですね。
優しさが溢れてる感じがしました。
私たち看護師は調理師さんが作った料理をだしてるだけ、あとはパンフレットをみて自宅での食事指導を簡単に事務的にしているだけのような気がするんですよね。
その個々の生活に合わせた食事を考えるって事ができてないように強く思いました。
すこしでも、その辺を考えて指導する事で、患者さんも頑張ってみようと思ってくれるのにね。
糖尿病の場合、患者さん自身が食事についても1番どうしないといけないかは分かってるはずなんですよね。
その分かり切ったことを説明されるのではやる気も無くなって当然ですよね。
今回の講演はそんな事を気づかせてくれたと思っています。
明日から、使えるように頭で整理しておこうと思います。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。